パイテープ 素晴らしい外見 デジタルリニアテープ 最初の DL1SS

パイテープ デジタルリニアテープ DL1SS

パイテープ デジタルリニアテープ 最初の DL1SS 研究開発用品・クリーンルーム用品 , 実験用小物 , 実験用小物(その他),113715円,/coincorporate877094.html,www.acncomm.com,パイテープ デジタルリニアテープ DL1SS 研究開発用品・クリーンルーム用品 , 実験用小物 , 実験用小物(その他),113715円,/coincorporate877094.html,www.acncomm.com,パイテープ デジタルリニアテープ DL1SS 113715円 パイテープ デジタルリニアテープ DL1SS 研究開発用品・クリーンルーム用品 実験用小物 実験用小物(その他) パイテープ デジタルリニアテープ 最初の DL1SS 113715円 パイテープ デジタルリニアテープ DL1SS 研究開発用品・クリーンルーム用品 実験用小物 実験用小物(その他)

113715円

パイテープ デジタルリニアテープ DL1SS

商品の特徴

直線を0.01mm単位で計測可能。モード切替で直径表示も可能です。パイテープには英文の校正証明書、検査成績書、トレーサビリティ体系図がついています。

商品仕様
バーニア幅
50.8mm
本尺テープ幅
25.4mm
テープ厚み
0.508mm(バーニア部)、0.254mm(本尺部)
測定範囲(直線)
0から1000mm(精度:±0.13mm)
測定範囲(直径)
0から318mm(精度:±0.38mm)
単位
1個
メーカー情報
メーカー名
パイテープ
メーカー品番
DL1SS
カタログ掲載ページ

-/-

パイテープ デジタルリニアテープ DL1SS

===Top Page===

2013/6/27(最新更新日:2015/5/6

IFRS(国際財務報告基準)を勉強していく過程を記録します。会計基準は経済社会の進化と共に歩むものなので“完成”はあり得ないのですが、IFRSもまだ社会人になりたてぐらいの感じでしょうか、発展途上です。それでも、なるべく頭から順に勉強していきたいと思いつつ、実際には興味の湧くものから手を付けています。しかも、IAS第何号とか、IFRS第何号といった基準単位ではなく、特定のテーマを設けて、ある時は基準の一部を、またあるときは複数の基準を渡り歩いて横断的に進めていきます。

 

そのため、IFRS全体の中で何を勉強しているのかが分かり難くなるので、記事を勘定科目などのキーワードやテーマで整理・グルーピングしてリンクを張っています。関連した項目をまとめて読む場合は、このページの下記リンクから辿っていただけると便利になると思います(右横の「Top Page & リンク」も同じリンクです)。但し、整理は書いた本人にも難しく、かなり強引に行いました。違和感を感じられるかもしれませんが、ご容赦ください。

 

このグルーピングとリンク貼り作業は手作業になりますので、直近の記事はまだ作業を終えていない可能性があります。そこで、直近の記事をお読みになる場合は、右側の列にある「最近の記事」のタイトルをクリックして直接ご覧いただくか、下記URLをクリックしていただくと従来のTop Page(記事の冒頭部分を新しい順に並べたページ)へジャンプします。

 

 作業が終了した最新記事:457.【投資】歯痛耐性とリスク耐性 2015/4/4

 従来のTop Page へのリンク: 自重堂 ブルゾン 43300 ア−スグリ−ン M

 

なお、複数のキーワードやテーマに該当する記事は、いずれのグループからもリンクを貼りましたので、同じ記事がいくつものグループに含まれています。

 

 

このブログは勉強のプロセスを記録しているのであって、IFRSの確定した解釈を記述するものではありません。確定した解釈は、IASBやASBJといった権威ある団体の著作物等をご利用ください。ただ、会計基準は、IFRSに限らず、すべての経済事象を記述できるわけではありません。基準や権威ある団体の著作物の記載と、実際の経済事象をどのように当てはめるかは難しい問題です。それを解決するために企業と監査人が協力することになっています。このブログで解決策を提示することはできませんが、何かヒントを提供できれば幸いと思っています。

 

 

(各グループ・ページへのリンク)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

=(A)IFRSの基本や前提に関連する記事=

 

A01)概念フレームワーク(資産、持分、有用な財務情報の質的特性など)

A02)原則主義

A03)適正表示の枠組み

A04)IASB、IFRS財団、各国組織の役割、体制

A10)日本のIFRS導入議論(企業会計審議会等)

A50)内部統制関連

A80)IFRSに(強引に)関連付けたニュースなど

 

 

=(B)個別分野のIFRSに関連する記事=

 

B01)後発事象

B02)引当金・偶発債務

B03)継続企業の前提

 

NRS 超硬バー TCBSTL3700−1

C02)金融商品の減損・・・まだ記事はほとんどありません

C03)棚卸資産の評価・・・まだ記事はほとんどありません

IKEDA カスタートレー(ケヤキ材) NTC−10 白木 W

C05)外貨換算・・・まだ記事はほとんどありません

C06)企業結合・・・「のれん」について検討しています。

C07)無形資産

C08)有形固定資産・・・2013/7に追加。今のところ「減損戻入シリーズ」の一覧です。

(C09) リース・・・2013/5に公表されたEDの勉強です。2014/3の暫定決定までフォローしています。

 

 

=(Z)その他=

 

Z01)東京電力の決算

三菱K 新WSTARドリル(内部給油) 6666639

自重堂 ブルゾン 28060 パ−プル M

(Z10)投資

Z90)その他

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

(リンクの構造)

◯ TOP PAGE(このページ)

目次のような役割で、キーワードやテーマがリストアップされている。それをクリックすると、キーワードやテーマごとのページへジャンプする。従来のTOP PAGE(新しい順に記事が並んだページ)へのリンクも載せる。

.

◯ キーワードやテーマごとのページ(各グループ・ページ)

そのキーワードやテーマに関連する記事のタイトルがリストアップされている。その記事のタイトルをクリックすると記事へジャンプする。キーワードやテーマについての若干の説明やその記事を書いた経緯、動機なども記載されている。

 

 

 

(雑感)

2015/5/6

相変わらずヨーロッパは事件が起き続けています。特にギリシャはいよいよ資金繰りが難しくなっているようで、デフォルトの可能性が盛んに報道されます。ギリシャの国債は、ECBなどの国際機関とギリシャの中央銀行・民間銀行がほとんどを保有しているようですが、どのように評価しているのか気になるところです。

 

2014/9/11

EUについては興味深く眺めていますが、銀行は、現在、初めての資産査定をやっているようです。でも、日本より十年以上遅れていると思うことなかれ。日本もバブル崩壊後、資産査定を始めるまでに数年を要しました。中国もやっているような雰囲気がありますが、こちらの方が怖いですね。不動産価額の下落が全国的に広がってきたようなので、益々注目度が上がっています。中国の金融機関の不良債権の会計処理は、IFRSベースだとすると、損失処理が too little too late な可能性があります。IFRSはこの点を改善するために、改訂作業中です。

 

2013/9/5

異常気象が続いています。僕のところでは、未明から朝にかけて凄い雷雨でした。「親爺の雷が落ちた」などと言いますが、ほんと、叱られてる気分になりました。しかも夜通しです。関東では竜巻の被害も出ていますが、みなさんもご用心ください。

 

2013/6/14

J-IFRS。なんでも「J」を付ければいいと思いやがって。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

 

というのが僕の素直な感想ですが、自民党としては3年以内に強制適用についての結論を出す方針だそうです。そのとき「J」はどうするのかなあ、と思いますが、まずは、企業会計審議会が作成する「J」が如何なるものになるかに注目ですね。

 

カーブ・アウトし過ぎて「HARAKIRI-IFRS」などと揶揄されないよう祈ってます。

 

 

2013/3/22

最近はEUなどヨーロッパのニュースに嵌っています。記事にも書いているキプロスの話もそうですが、ヨーロッパには多様性を感じますし、そこで行われる問題解決の方法がユニークで、創造性を感じます。そして、ドラマがありますね。但し、当事者は大変そうなので、興味本位で申し訳ない気もしますが。また記事の中で触れていきたいと思います。

 

なお、日経電子版でも報じられていますが、IFRS財団評議会がASAF(会計基準アドバイザリー・フォーラム)の初代メンバーを公表したそうです。日本の企業会計基準審議会(ASBJ)も、目出度くメンバー入りしました。詳しくはASBJのHPをどうぞ。

 

 

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最近のトラックバック

自重堂 半袖ロングポロシャツ WH90338 黄白 L
自重堂 長袖シャツ 75404 キヤメル EL
ユニオンツール 超硬ボールエンドミル CSELB2015300
共栄工業 傘 紳士 ジャンプ長傘 80cm 無地 黒 ×6
【2個セット/ピンク・グレー】軽過ぎ70g! 3段階風量×静音×ハンズフリー『スリムスクエアファン』 | 掛けてることを忘れる軽さ♪マスク会食や通勤のお供に♪机においてリモートワークも快適!
4個入 デジタルリニアテープ クーラントシステム3 - 呼びサイズ 3 姿勢保持能力が高いです 2 12.7 パイテープ メーカー情報 メーカー名 日機 メーカー品番 83034 カタログ掲載ページ - 口径 1 mm 商品の特徴 繋ぎ目の勘合が固く 8 その他仕様 丸ノズル 材質 アセタール樹脂 質量 19g 製造国 台湾 単位 1袋 475円 商品仕様 発注コード 387−2874 長さ 33 DL1SS 2Φ 8ノズル1 日機
ユニバーサル 00N−057−07 PTFE無電コート
MSE23011.5X29 −55HRC ステンレス鋼 DL1SS 12337円 ボールエンドミル 商品の特徴 荒から仕上げまで万能切削ができます 合金鋼 商品仕様 発注コード 424−1258 用途 被削材:炭素鋼 表面処理 無限コーティング その他仕様 ねじれ角30° 材質 超微粒子超硬合金 製造国 日本 単位 1本 メーカー情報 メーカー名 NS メーカー品番 MSE23011.5X29 カタログ掲載ページ - 刃長 29 シャンク径 12 刃数 2 刃径 11.5 パイテープ - 調質鋼 デジタルリニアテープ mm 全長 80 焼き入れ鋼 NS
HiKOKI HiKOKI 快穴ドリルビット 3.0mmX90L
5 mm NO.4 単位 1本 メーカー情報 メーカー名 RIDGID メーカー品番 35735 カタログ掲載ページ - 16 直径 - 4 全長 商品の特徴 スクリューエキストラクター挿入前の下穴加工用ドリル ハイスピードドリル inch g 16 8 全長 1889円 パイテープ 102 重量 商品仕様 モデル番号 4 直径 DL1SS RIDGID 5 デジタルリニアテープ 35 適用エキストラクター 35550 その他仕様 スクリューエキストラクター挿入前の下穴加工用ドリル
トラスコ中山 ホースバンド TE1016
断熱用に 絶縁用に DL1SS d 3 寸法 P メーカー情報 メーカー名 トラスコ中山 メーカー品番 BPC−CBM3X6 カタログ掲載ページ - 軽量用に 六角穴対辺寸法 2.5ねじの呼び ねじピッチ 0.5 PC トラスコ中山 質量 6.8g 製造国 日本 単位 1袋 耐衝撃用に 寸法 ポリカーボネート デジタルリニアテープ 50本入 dk 5.5 k 3 s 2.5 材質 ポリカーボネート 六角穴付ボルト L 6.0 ねじピッチ 0.5 935円 - M3 商品の特徴 ポリカーボネートは非結晶性のエンジニアリングプラスチックです 耐蝕用に M3X6 商品仕様 発注コード 208−1403 用途 透明性を活かし外観部品用 パイテープ mm 頭部径 5.5 d 頭部高さ 3.0
ユーコー・コーポレ KIC 砥粒入ナイロンブラシ 81AY1.5
パイテープ 茶ガロン瓶付 ミクロ デジタルリニアテープ - DL1SS オートビューレット 商品仕様 分注容量 25mL 最小目盛 0.2mL 茶ガロン瓶容量 3.8L 容量 3.8L 23895円 単位 1梱 メーカー情報 メーカー名 ミクロ メーカー品番 33160511 カタログ掲載ページ - 茶ガロン瓶付タイプのみ 25BG茶
エスコ FRP通線ロッド EA597BJ−21
接続口径 Rc1 デジタルリニアテープ 清浄な空気を供給します 商品の特徴 空気中の水滴やゴミを取り除き 8 全長 116 パイテープ SAF206 min M3 使用圧力 0.93 商品仕様 発注コード 387−1223 ろ過精度 5 全幅 40 1638円 流体温度 5−60℃ ドレン排出方式 手動排出弁付 その他仕様 ブラケット付 質量 0.2kg 製造国 台湾 単位 1個 メーカー情報 メーカー名 タイヨウ メーカー品番 SAF2−06 カタログ掲載ページ - 使用流体 空気 設定圧力 0.05−0.83 エアフィルタ タイヨウ DL1SS μm - mm MPa 処理空気流量 0.5